脱毛するなら知るべき永久脱毛の仕組み!手順や原理とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永久脱毛を受けるうえで、手順や原理、仕組みを知っておくと、脱毛への理解や注意が深まります。

永久脱毛の一般的な手順ややり方、生えなくなる原理、定義など、知っておくと良い情報をまとめました。

永久脱毛の仕組みについて

脱毛とは、美容や身だしなみから体のムダな毛を意図的に除去することをいいます。家庭でできるカミソリや除毛剤を使ったものから家庭用脱毛機、専門機関で行うレーザー脱毛や光脱毛、針脱毛などの方法で行われています。

永久脱毛と呼ばれるものは、二度と生えてこない脱毛方法ではなく「脱毛後に一ヶ月の毛の再生率が二十%以下」と言うのが永久脱毛の定義となっています。永久脱毛の仕組みにはいくつかあり、サロンや医療機関に言って施術を受けることで行うことが可能です。

針を使った脱毛方法は、毛穴ひとつひとつに針を刺し、毛母細胞を壊して行くことで確実に処理のできる効果の高いものです。美容外科やクリニックで主流になっているのはレーザーを使用した脱毛方法で、レーザーを皮膚の表面に照射し、レーザーの光を熱エネルギーに代えて毛母細胞や毛乳頭を破壊する方法で、毛が成長するための役割の部分を壊してしまうことで脱毛します。

サロンで行われる、メラニンに反応する光を使った光脱毛は、毛母細胞や毛乳頭を壊す方法です。レーザーよりも処理できる範囲が広いのが特徴です。それぞれに仕組みが異なり、メリットやデメリットも脱毛が完了する時間も価格もそれぞれ特徴があるため、理解をしてから自分に合ったものを選ぶことが大切です。

永久脱毛についてのまとめ

むだ毛が気になる人や肌が弱い人には、永久脱毛がおすすめです。むだ毛あると、肌を見せるノースリーブやミニスカート、ショートパンツなどの軽快で、スタイルが良く見えるファッションを楽しむことをためらってしまうことがありますが、むだ毛を永久脱毛すると、いつでも、むだ毛のことを気にせず、好きなファッションを楽しむことができます。

永久脱毛についてまとめると、永久脱毛はクリニックなどの医療機関で受けることができる脱毛のことを言います。エステサロンでも脱毛をすることができますが、照射パワーが低いため、毛が生えにくくなったり、毛が細くなったりして、自己処理が楽になる施術になります。

医療機関で受ける脱毛は、照射パワーが高いので、毛根内の毛母細胞を破壊することができ、その毛穴からは、毛が生えてくることはめったにありません。

また、医療機関で受ける医療脱毛の場合、照射パワーが高く脱毛効果が高いので、施術を受ける回数が少なく、脱毛完了までの期間が短いことが特徴で、エステの脱毛よりも、早く効果を実感できます。

毛根にダメージを与える仕組みは同じですが、毛根に与えるパワーが違うということが、永久脱毛についてのまとめです。

永久脱毛の原理について

自己処理をやめて、きれいな素肌を手に入れたい人に人気があるのが、永久脱毛です。永久脱毛は、美容皮膚科などのクリニックで受けることができ、おすすめは、医療レーザー脱毛です。痛みが少なく、広い範囲の脱毛も、狭い範囲の脱毛もできて、顔などのデリケートな部分でも安心して受けることができるので、人気があります。

医療レーザー脱毛で永久脱毛ができる原理は、レーザーの光を脱毛したい部分に当てると、レーザーの光が毛穴の中の毛根にあるメラニン色素に反応し熱に変わることで、毛根の毛母細胞にダメージを与え、毛を作れなくするというものです。

メラニン色素にだけ反応するという原理を利用しているため、皮膚の他の部分には影響がなく、安全性が高い方法として知られています。医療レーザー脱毛で、ダメージを受けた毛根は、毛を作ることができなくなるので、その毛穴から、毛が再生することはありません。

毛周期に合わせて、5~6回程度の施術が必要なことが多いですが、エステの脱毛に比べて、期間が短く、脱毛効果も高いことが特徴です。また、医師の管理のもと、施術が行われるため、肌質や毛質、病歴などをしっかりと医師が把握して施術してくれるので安心です。

永久脱毛のやり方と効果は

毎日のムダ毛の自己処理から解放されたいと思っている人は多いです。カミソリや毛抜きの処理は、処理頻度が高いのに肌トラブルが起こりやすいのがリスクです。毛が埋まってしまう埋没毛や、傷が可能してしまう毛嚢炎など肌ダメージが起こりやすいのです。

美容外科や脱毛サロンでは永久脱毛を売りにしています。ただ、永久脱毛とは永遠に毛が生えてこないという意味ではなく、施術してから1か月後、毛が生えてくる確率が20%以下であると永久脱毛といえる、という定義になっています。

美容外科で主流になっているやり方は、レーザー脱毛です。レーザーを照射することで毛母細胞にダメージを与え、毛周期のサイクルを遅らせる方法です。脱毛サロンの主流はフラッシュ脱毛です。フラッシュという光を照射することで、レーザー脱毛と同じような効果があります。

レーザーのほうがダメージを与える効果が高いのですが、照射面積が狭く費用が高くなります。フラッシュはレーザーより効果が弱いですが、照射面積が広く、レーザーより費用が安いことが利点です。

どちらのやり方も一度では完了せず、毛周期に合わせて数回施術することで、毛母細胞を破壊し、毛が薄くなったり細くなったり、毛が生えてこない期間が長くなったりという効果が出るのです。

永久脱毛は本当に永久に生えないのか

ムダ毛のないつるつるの肌になりたいと願う女性は多いです。脱毛にはさまざまな種類がありますが、自己処理では処理回数が増えることで肌へのダメージも大きくなります。

美容外科やエステサロンの脱毛では、永久脱毛を称しているところもありますが、実際に永久に毛は生えてこないのでしょうか。結論から言えば、永久にということは現状ではありません。永久に生えてこない永久脱毛の状態は、50年以上経っても毛が生えないことを言います。

最新のレーザー脱毛やフラッシュ脱毛機器も歴史はまだ50年も経っていないので、永久脱毛は証明できません。現状の脱毛方法は、毛周期を遅らせ、毛が生えない状態を長く保つ、というものです。医療機関や脱毛サロンで行われる脱毛は、レーザーやフラッシュの光を照射して毛母細胞にダメージを与えることによって毛が生えてくる働きを抑える、という方法です。

これにより、毛が生えてくる時期が遅くなり、また回数を繰り返すことで毛が細くなったり、薄くなったりするのです。毛周期は部位によって異なりますが、4~5か月ぐらいです。毛には、皮膚から外に出る成長期と、成長が止まる退行期、毛が抜け落ちる休止期とがありますが、脱毛エステでは成長期の毛に対して施術を行います。

ですから、一度での脱毛は不可能です。脱毛の満足度は人によって違いますので施術回数は変わってきますが、数か月ごとに施術を受ける必要があります。

無駄毛は自分で抜くよりプロの施術で永久脱毛

脱毛の自己処理にはカミソリやシェーバーなどで剃ったり、脱毛ワックスを使ったり、毛抜きで一本ずつ抜くといった方法があげられます。けれども、時間もかかる上、こうした自己処理を繰り返しても永久脱毛できるわけではないため、常に処理をし続けなくてはなりません。

さらにこれらの自己処理を繰り返すことで、毛穴が広がってしまったり、肌が色素沈着を起こして黒ずんでしまったりといった肌トラブルを起こすこともあります。そんな時にはサロンやクリニックでプロの施術によって永久脱毛することがおすすめです。

以前は永久脱毛というと毛穴の一本ずつに針を刺して電流を流して毛根にダメージを与えるという方法が一般的でしたが、現在はメラニン色素に反応するレーザーを患部に照射することで、毛根部分を破壊して毛が再生されないようにするという方法が一般的になっています。

この脱毛方法の良いところは、一度の施術で広い範囲を処理することができ、時間もごく短時間で済むという点です。さらにかつての針脱毛と比較すると、痛みに関してもはるかに少なくなっているので、痛みが苦手で永久脱毛ができなかった人でも安心して受けることができます。自分で抜く方法と違って、安全に確実に永久脱毛することができる方法です。

永久脱毛はどのような定義か

脱毛でよく見かける永久脱毛という言葉について、定義としては言葉通りのものではありません。これは米国電気脱毛協会によって「脱毛処理を行ってから1か月後の毛の再生率が20%以内である」とされています。永久と付くので毛の再生が怒らなくなるように思えますが、実際にはこの範囲であれば永久脱毛と呼べます。

この言葉は米国電気脱毛協会が定義していることから分かるように、電気脱毛(ニードル脱毛)に使われる言葉です。医療レーザー脱毛や脱毛サロンのフラッシュ脱毛などに使用するのは適切ではないため、代わりに永久減毛という言葉を使うことがあります。

一般の人がこの言葉を使う場合は毛の再生が完全になくなるものとしていることが多いですが、長期的な効果が認められているのは電気脱毛だけです。それ以外の方法は歴史が浅いため、短期的には再生しなくなっていても長期的なデータはなく、再生する可能性があります。

永久脱毛の定義について、日本では注意しなければならない点があります。日本ではこれは医療行為であると定義しており、医療機関であればこの言葉を使えますが、脱毛サロンでこの言葉を使ってしまうと、医師の資格を持たない者が医療行為を行っていることになり、違法になります。

そのため、脱毛サロンで永久脱毛の効果があるとしてサービスを提供している場合は脱毛の知識が不十分と言えます。

永久脱毛の実際の手順とは

何となくクリニックで永久脱毛をしたいけれど、実際にどういった手順で進むのかわからない女性は多いようです。勝手がわからないとなかなか一歩踏み出せません。そこで永久脱毛のために行う脱毛の実際の手順をざっとご紹介します。

まずはクリニックで無料カウンセリングを申し込みます。このカウンセリングで脱毛の可否を判断と同時に、わからないことはどんどん質問して解決、コースに申し込みます。

第1回目の施術日には、まず短時間のカウンセリング、そして必要であれば施術着に着替えて施術となります。はじめに熱ダメージから肌を守るためのジェルを塗ります。そして光から目を守るためにゴーグルをして実際の照射になります。それが終わったらジェルを拭き取って冷やした後、保湿ローションを塗って終了になります。

ここで注意したいのが予約日の前日か前々日に対象部位のムダ毛を剃っておくことです。光は黒い色に反応するためムダ毛が伸びたままでは伸びた部分に反応してやけどなどの恐れがあるからです。毛根にだけ熱ダメージを与えるために、シェービングは欠かせません。

ただ、普段シェービングし慣れない方がいきなり行うと肌荒れを起こす可能性があります。カミソリ負けなどの状態では照射できないことがあるので、シェービングは肌を傷めないように気を付けて行うことです。こういった施術を毛周期に合わせて数回繰り返すことで永久脱毛に成功するのです。

男性ホルモンの影響と永久脱毛の効果

毛深い事はコンプレックスに繋がりますから、日頃のお手入れで取り除く事で素肌を実現します。男性ホルモンは全身の毛に関わりますし、ホルモンの割合が多い場合は毛深くなりますから、毛の成長が早く手入れが大変になるので、永久脱毛を行うと手間が減らせます。

永久脱毛は綺麗な素肌を実現出来る方法なので、ムダ毛の悩みに応えられる技術ですし、繰り返し行う事により永久脱毛の効果は期待されますから、ホルモンが原因で毛深い場合にも対応出来ます。

ホルモンのバランスを取り戻す方法はありますし、医学的な方法で対処出来ますが、ムダ毛だけが悩みの場合はリスクが大きいですから、永久脱毛の選択が現実的になります。

永久脱毛が適用出来る範囲は幅広く、気になる部分を限定しても行えますから、予算に応じて選ぶ事が出来ますし、脱毛結果に不安がある場合はお試しで永久脱毛が受けられます。ムダ毛のお手入れ回数が頻繁な場合は、処理道具の購入や維持にお金が掛かりますし、脱毛を行えば長期の快適性が得られますから、長い目で見ると費用の削減に繋がります。

毛深さが皮膚のトラブルを発生させますし、場所によって不潔な状態になるので、清潔さを保つ洗浄は重要ですが、毛を薄くして環境を整える事も大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加