医療脱毛の常識!光脱毛とレーザー脱毛の違いを知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく目にする光脱毛やレーザー脱毛ですが、その違いについてご存知ですか?

医療脱毛するなら知っておきたい脱毛サロンと違いやショットについて、レーザーの強さはどのくらいなのか、その効果についての情報をまとめました。

医療脱毛と光脱毛は違います。【レーザー】

女性は、身だしなみの一環として、体毛の処理をしなければなりません。カミソリや毛抜きなどを使えば、自分でもお手入れはできますが、それではあくまでも体毛がなくなるというだけで、芸能人のような見せられる美肌というものとは、程遠い仕上がりしか望めません。

やはりどんなに近距離から見つめられても恥ずかしくない美肌に仕上げるには、エステサロンや美容クリニックで、プロの手による脱毛ケアを受けることが最適で、近年ではこういった施設での施術価格が引き下げられてきているので、チャレンジし始めている女性が増えてきているようです。

施術料金が格安なのは、エステサロンで行う光脱毛で、今最も人気の高い脱毛ケアです。しかしこの光脱毛は、ムダ毛が徐々に目立ちにくくなるというレベルの仕上がりしか出せないので、処理を受ければ二度と体毛が生えないわけではありません。

一方美容系のクリニックで行う医療脱毛は、俗にいう永久脱毛が可能で、少ない回数でも完璧に体毛を処理することが出来ます。

医療脱毛は医師が行うため、お肌の弱い女性でもトラブルが避けられるので、安心だと言われています。最近人気の全身脱毛などは高度なテクニックが必要とされるので、安全に高い脱毛効果を出したいなら、医療脱毛がお勧めです。

レーザーの光を使用する医療脱毛

医療脱毛は、医療機関でのみ取り扱いが許可されているレーザーの光を使用して行われる脱毛法です。レーザーの光は、波長が長いことから肌に照射しても肌の表面を通り越してその奥にある生える組織でもある毛乳頭にまで届きます。

レーザーには毛乳頭を死滅させる力があり、照射時に生えていた毛は何日か経つと自然と抜け落ちますが、その後も毛を作る力がなくなっていることから施術を繰り返すことによってだんだんと生えなくなる効果があります。毛の生えるサイクルは全く同じではないので、一回の医療脱毛施術では全部の毛乳頭には作用しません。

毛の生える段階の中でも成長期の毛乳頭に作用する光なので、何度か医療脱毛を行って全部の毛乳頭に作用させるようにします。施術は二ヶ月に一回ごとに受けるのが一般的ですが、施術前には必ず除毛しておくことが大切です。黒い色に反応するレーザーの光は、肌の表面にある黒い物にも反応してしまうためにやけどの恐れがあり非常に危険です。

剃り残しがないようにしつつ、しっかり除毛しようと思って肌を傷めないようにすることも大切です。ほくろやあざ、シミやタトゥーなどの肌表面にある色の黒い部分は、危険性を考えてさけて行われます。

特殊なレーザーをショットする医療脱毛

ムダ毛を脱毛する際に、自宅でケアをするのは面倒ですし全身のお手入れとなると時間や手間がかかってしまいます。そこで多くの女性はエステサロンや美容サロンなどの施設で脱毛施術を受ける場合が多いのですが、エステサロンや美容サロンではフラッシュ脱毛を採用している場合が多く、短時間で広範囲の処理を行えるメリットがあります。

しかしフラッシュ脱毛は完全な永久脱毛をすることは不可能なため、完全なつるつるの肌を手に入れるためには医療機関で行われている医療脱毛を受ける必要があります。医療脱毛の特徴は、まず医療知識のある医師や看護師が施術を行ってくれる点です。

また使用する脱毛機器はエステサロンや美容サロンで使用されているフラッシュ脱毛よりもショットの効果が高く、永久脱毛の効果が得られるレーザー脱毛を採用しています。

このレーザー脱毛はムダ毛に含まれているメラニンと呼ばれる黒い色素に反応したレーザーショットを行う事によって、お肌にダメージを与えることなくムダ毛だけを綺麗に処理することが出来る大きなメリットがあるのです。医療脱毛施術自体はフラッシュ脱毛に比べて少ない回数で完了させることが出来るので忙しい方でも安心だと人気があります。

医療脱毛はレーザーの強さが違う

無駄毛の処理は今やエチケットでもあり、男女を問わず、脱毛をしている人が多いのですが、特に女性にとっては薄着の季節にはとても目立ってしまうムダ毛は、自己処理で脱毛を繰り返しているという人も少なくありません。

カミソリで剃ったり、毛抜きを使って一本ずつ抜いたりと、自己処理には手間がかかる上、いくら処理を繰り返していても、結局また無駄毛が生えてきてしまうということになり、半永久的に処理を続けなくてはなりません。しかも自己処理を繰り返していることによって毛穴がだんだん目立つようになって来たり、肌が黒ずんできたりといった肌トラブルを超す可能性もあります。

そんな悩みにおすすめなのが医療脱毛です。医療レーザーを使用した脱毛方法で、使用されるレーザーの強さが、脱毛サロンで行われているレーザーよりも強力なものになります。医療脱毛はメラニン色素などの黒い色に反応するレーザーを患部に照射することで、毛根部分を破壊して毛を再生できないようにするという脱毛方法です。

一度に広い範囲を短時間で施術することができるのが特徴で、しかも施術の際に痛みをほとんど感じないなど、メリットがたくさんある脱毛方法です。医療脱毛ではレーザーの強さによってはゴムで軽くはじかれた時のような感覚を感じるという人は多いのですが、ごく弱い痛みのため、痛みに弱い人でも安心して受けることができます。

レーザーによる医療脱毛が最も効果が高い。

女性は、身だしなみとしてもムダ毛の処理をしなければなりませんが、脱毛ケアは、ただ単に毛がなくなれば良いというような単純なものではなく、あくまでの処理後の素肌が美しくならなければ意味がないので、自己処理ではなかなか難しいものです。

最近は、エステサロンでの脱毛ケアが、とてもリーズナブルな価格で受けられるようになっており、チャレンジし始める女性が増えているようですが、考えていたほど綺麗にならなかったという不満を抱いている方も多く、効果の程はあまり高いとはいえないようです。

もっとも高い脱毛効果が出せるものは、やはりレーザー脱毛なので、永久脱毛を期待するなら、美容外科クリニックや美容皮膚科といった医療機関で医療脱毛を選択しましょう。
レーザーはお肌にかなり強い刺激を与えるものなので、豊富な知識を持つ熟練した医師による施術でないと、受けられません。

医療脱毛は、エステとは違って医師が施術を担当するので、高い脱毛効果が出せるだけではなく安全性においても間違いありません。特にアトピー肌や敏感肌などのお肌が弱い女性は、エステではなく医療脱毛のほうが、トラブルを回避することができるし、万が一何か起きてもすぐに処置をしてもらえるので安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加